8月1日(火)新XEXコース スタート!Mezza Estate~真夏を感じて~<XEX TOKYO / Salvatore Cuomo Bros.>

mezza estate
<XEX TOKYO / Salvatore Cuomo Bros.>が月に一度テーマを変えてご提供している「XEXコース」。次回は2017年8月1日(火)から新コースが始まります。イタリア語で”真夏”を意味する「Mezza Estate」がテーマです。カラフルな夏野菜をはじめ旬の食材をふんだんに使い、夏祭りのような鮮やかな世界を表現しております。

新XEXコース
~Mezza Estate~
10,000円(税込)
<Entrata>
旬の鮑のヴァポーレと生うに、加賀茄子の煮凝り
シャンパンのシートで包み込んで
<Antipasto>
丸ごとトマトの小さなガスパチョ ドライキャビアのアクセント
黒毛和牛もも肉を昆布締めに 無花果のキャラメリゼ
<Pizza>
“PIZZA VESUVIO”
ローズマリー、グラナ、EXV、胡椒 ルッコラ、フレッシュトマト、モッツァレラ
<Primo>
車海老とオリーブのソース 夏を彩る自家製キタッラと合わせて
<Carne>
黒毛和牛ヒレ肉のロースト スモークチーズと4種胡椒のカルテット”SABA”
or
黒毛和牛シャトーブリアンのロースト
スモークチーズと4種胡椒のカルテット”SABA”(+2,000円)
<Dolce>
XEX TOKYO シェフパティシエより
“Marmelade fluit-tomato”
~高濃度トマトと苺、クリームチーズのアッビナメント~
コーヒー 又は紅茶

真夏のXEXコースのスターターにふさわしい、朝顔やエディブルフラワー、ぶどうの葉を飾り付けた一皿。シャンパンで2h蒸すことにより柔らかく香り豊かに仕上げた鮑と、新鮮な生うにの贅沢な組み合わせ。下には賀茂茄子の煮凝りと長芋が。シャンパンシートの酸味が爽やかさを演出します。

夏を代表する野菜のひとつ、トマトのガスパチョと、黒毛和牛を昆布で締め、表面を焼き低温調理した一皿。夏の定番料理ガスパチョを、XEXTOKYOのシェフ田村は、トマトを器に見立ててオリーブオイルのパールとドライキャビアで風味豊かにしました。和牛の隣の無花果のメープルシュガーキャラメリゼはお肉との相性抜群。オニオンサワークリームとグリーンマスタード、バルサミコのパールでお召し上がりください。旬な食材として注目を集めるほおずきの黄色と、トマトの赤色が色彩豊かな一皿です。

まるで緑が覆い茂った山のようなこちらのピッツァは、ナポリのシンボル”ベスビオ火山”をイメージしました。ルッコラがたっぷり。ルッコラよりも強い味で、ゴマのような香りやピリッした辛みと苦味を持っている「セルバチカ」を使用しています。セルバチカは「ワイルドルッコラ」とも呼ばれ、サルヴァトーレでは非常に良く使用しているハーブです。シンプルながらも口の中を強いインパクトで満たしてくれる、とても美味しいピッツァです。

「海の幸」の贅沢な香りと共にテーブルに届く一皿。トマト、イカ墨、ノーマルの3色の色の組み合わせが目にも楽しい自家製キタッラを2種の車海老と2種のオリーブのラグーソースで合わせました。お皿に添えたトマトソースと生姜パウダー、オイルで味の変化をお楽しみいただけます。スパイシーな風味のクレス、ピリッとした刺激のマスタード、目に鮮やかな深紫のレッドキャベツの3種のスプラウトとトッピングバジルが濃厚な海老のラグーソースとバランス良く合います。

スカモルツァ、グリエール、ナチュラルの3種のチーズとブラック、ピンク、グリーン、ホワイトの4種の胡椒のハーモニーが和牛の旨味を引き立て、バルサミコソース”SABA”との相性は抜群。上にのせた枝豆のガレットや、トマトととうもろこしのグリルが夏祭りのような鮮やかさです。

高糖度トマトを一晩シロップに漬け、中にクレームフロマージュと苺のソースを入れました。トマトの下にはオレンジやパッションフルーツ、トマト、アニス、レモンを使用したソースとミントゼリー、レモンのグラニテを3層に重ねています。器の縁に飾られているのは、かぼすチップとトマトの皮の砂糖漬けを添えたミントジェラートです。クランブルも添えていますので食感も様々。トマトとは思えない新感覚の真夏のスイーツで、最後までXEXコースをお楽しみください。


Restaurant Information
<XEX TOKYO(ゼックス トウキョウ)>

所在地: 〒100-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京13F
アクセス: 「東京駅」八重洲北口直結
電話番号: 03-6266-0065
ホームページ: http://www.xexgroup.jp/tokyo/